屋久島地杉のパビリオン

pavilion for an expo

名称

屋久島地杉のパビリオン(2019)

概要

屋久島地杉を使い製作したパビリオン。2019年10月に国際ガーデンEXPOにて、チャネルオリジナル株式会社の出展ブースとして活躍した。CLTパビリオン(モクコレ)と同じ工法でつくられ、grasshopperによる再設計を行った。パラメータを操作し、部材の寸法調整、部材数の増減、全体形状の曲率の調整などを行った。①容易な運搬、②単純な組み立て構造の2点が考慮され、ネジなどの鉄材や専用用具を一切使用していない。

クライアント

チャネルオリジナル株式会社

場所

国際ガーデンEXPO2019会場

設計

VUILD株式会社

施工

VUILD株式会社、チャネルオリジナル株式会社

構造設計

佐藤淳構造設計事務所

金物

株式会社ヒラミヤ